脱サラして3か月で収入が4倍に。その理由とは?【体験談】その参

こんにちは!高村です。

僕はまだまだ吹けば飛ぶレベル。危機感しかありません。

インプット過多になるくらいのインプットは必要です。

朝から三浦孝偉さんのメルマガバックナンバーを見返して最高に燃えています。

熱すぎる。。。

三浦さんのコンテンツに触れるだけで、背筋がピッとします。

「ブログを舐めるな」という記事を読んでいました。

自分が心から想うことや伝えたいこと、自分の思考、

あくまでも自分というフィルターを通して発する言葉で、

僕という人間を知ってもらいたいです。

そのために今日もブログを書く。

表層的な着飾り発言でもただの新聞記事のリライトでも何の意味も無い。

僕が経験してきたことや、僕が感じたことや僕の思考をリアルに書いていきます。

背伸びしたってしょうがないし、誰にも届かないっすよね。

正直に赤裸々に書いていきますので、

今日もお付き合いください!

それでは昨日の続きなのですが、

誰にでも成果を出すためには「量のステージ」があるというのはお伝えしました。

この時期がぶっちゃけ一番つらいです。辛かった。。

でもやり抜けたから月収100万円を切ることは無い、今があると思います。

『最も辛いであろう量のステージを突破できた理由』

それはずばり ”環境” です!

自分がいる環境を変えました。ビジネスのコミュニティに入って、仲間を作りました。

ハッキリ言って一人で独学ではここまでの成果が出ていなかったのではと思います。

現状の毎日に 絶対に 流されます。

それでも仲間がチャットで上げてくる毎日の日報や成果を見て、

自分も負けずに頑張ろうと思える。

だって、人生変えたいから。

今日は眠いから何もせずに寝ようかな、、いやダメだ!仲間たちもきっと頑張っている。

じゃあこっちもやってやる。人生を変えたいんだ。

切磋琢磨こそ成果への道です。

所属する会社の人付き合いがメインのままではこのまま一生変わらないなと感じたのです。

よく言う話ですが、自分の周りにいる人たちの平均年収が自分の年収だと。

これはまっじで真理です。

だから、稼ぎたいなら実際に稼いでいる人たちの近くへ行ってみる。

話を聞いてみる。質問してみる。懇親会でお酒も飲んだ勢いで根掘り葉掘り聞いてみる。

今もこれは続けています!

自分が目指すべき道の前を走っている人の情報は、

今の自分が本当に必要な情報なので、

それが手に入るチャンスのある場所へ出向きましょう!ってことですね。

世界的に有名な経営コンサルタントの大前研一さんが提唱する、

「人間が変わる方法は3つしかない

1.時間配分を変える2.住む場所を変える3.付き合う人を変える

最も無意味なことは、決意を新たにすることだ。」

この三か条を見つけて感銘を受けたので、影響されやすい僕はこれもすべて実践しましたw

(解釈はそれぞれかと思うので僕が実際にやったことを記します)

1.時間配分を変える

→ → → 毎日の24時間の割り振り(行動ごとの時間配分)を変えました。

before・・・ 仕事15時間 睡眠6時間 その他3時間

after ・・・  仕事10時間 睡眠4時間 副業6時間 その他4時間

※副業に取り組む時間と、ビジネス書を読んだりインプットする時間の優先度を高くしました

2.住む場所を変える

→ → → 片道40分の場所に引っ越しました。

それまでは会社のすぐ近くに住んでいました。歩いてすぐに帰れる距離だったので、

いつまでも会社にいたり、何かあるとすぐに呼び出されたりしていたので、それ防止。

「電車があるんで!」と言って帰れるように。

一番は会社と離れたかったのですね。

3.付き合う人を変える

→ → →有給休暇を使いきりました。

これが一番大きかったですね。

それまでは会社での仕事が人生の中心で、

職場の人達が主に付き合っている一番近しい人間関係でした。

それをぶっ壊すべく、なんなら給料が減ってもいいからと言って休みをもらっていました。

その時間でセミナーに足を運んでみたり、

ビジネスコミュニティの懇親会で地方に行ってみたり、

とにかく自分より稼いでいる人たちと多く付き合うようにしました。

雇われ思考を抜け出したかったので、「稼ぐ思考」に積極的に触れるようにしました。

何が何でもまずは環境を変えよう!とやってみました。

これが僕が量のステージを突破し成果を出せた理由です。

今思っても、毎日の中で自分が取り組むビジネスの優先度を高くして、

付き合う人たちを変えたことはかなり大きいかなと思います。

稼ぎたいなら稼いでいる人の近くへ!しかも現役で。

できれば自分がプレイヤーの人の近くがいいと思います。

残念ながらネットビジネス業界には、

過去の栄光で小銭稼いでとんずら決めるような人もいたりするらしいので。。

この姿勢はずーーっと継続していきます!

長くなってしまいました!また明日もよろしくお願いします^^