【Amazon販売】マルチチャネル使用方法

こんばんは!高村友也です。

Amazonアカウントを運営していくにあたり、

最も気を揉むのは資金繰りでしょうか。

2週間に一度の入金ペースなので、

かなり早いのは間違いないですが、

・祝日

・引当金

これらが重なると大幅に遅れる可能性もでてきますよね。

「利益は出ているんだけれど、キャッシュが無い・・」

そんなことにならないためにも、

【マルチチャネルを使って他販路で現金化する】ことは覚えておきましょう。

マルチチャネルとは??

Amazon的に訳すとすれば「多販路」となりますでしょうか。

Amazon倉庫に納品した商品を多販路で販売し、

発送までを行ってくれるシステムのことです。

例えば、Amazonで販売するはずだった商品がなかなか売れていかない場合、

ありますよね??

ライバルが増えたとか、相場が下落したとか、Amazon本体が出現したとか、

理由はいろいろとあると思います。

クレジットカードを使って仕入れをしている場合、

2週間サイクルにハマるタイミングで仕入れた商品の現金化ができていないと、

引き落としが間に合いません。

そうなる前にヤフオク等で販売し、

商品が落札されたらAmazonから発送してもらうことができます。

そうすることにより、

商品の現金化ができるので引き落としも間に合い、次の仕入れも可能になります。

※仮にヤフオクで現金化ができた場合、

入金は早ければ翌日となります。

2017年以降作成のAmazonアカウントには引当金なるものが設定されているため、

なおさら資金繰りには注意が必要ですよね。

しっかり在庫を現金化することで、

キャッシュフローが生まれるのでぜひ、活用してみてください!

マルチチャネル手順

1.FBAに納品しておりAmazon以外の販路で販売した商品を選択。

(※ヤフオクで落札されたことを前提とします)

2.「選択中の1商品を一括変更」を選択

3.「FBAマルチチャネルサービス依頼内容を新規作成」を選択

4.お届け先住所等を入力

仮にヤフオクでこの商品が売れた場合には、

支払いがされた後、落札者情報をコピペします。

5.依頼済みの個数を入力

1つ売れたのであれば、1と入力し、「続ける」を選択します。

6.出荷オプション/配送スピードを選択

出荷オプションの「この注文を出荷」を選択。

配送スピードでは ■通常配送 ■お急ぎ便 ■お届け日時設定

の3つから選ぶことができます。

お急ぎ便、日時指定はそれぞれ手数料がかかるので通常配送で十分かと。

7.依頼内容を確認

依頼内容の最終確認をします。

・配送先

・手数料

・コメント

(セラーセントラルトップページの設定⇒FBAの設定で編集可能)

問題がなければ「内容を確定」をクリックで、手続きは完了です。

ここまでがマルチチャネルの手順となります。

参考になれば!

おわりに

Amazonの販売力は魅力的ですが、

なによりも初期段階で注意しなければならないのは「資金繰り」ではないでしょうか。

僕らの現金は在庫であり、

それは売り切らないと手に入らないものです。

特に専業になることを見据えるのであれば、

毎月仕入れた在庫は2週間~1ヶ月以内で売り切っていくことがなおさら求められます。

Amazonだけでやっていければそれに越したことはありませんが、

どうしても入金サイクルに間に合わず現金化したい場合は、

マルチチャネルの活用が最も有効でしょう。

物販ビジネスを行っていくうえでは、

とにかくキャッシュフローが大切です。

人生で初めてついていこうと思った実業家の人がこう言っていました。

「本物の金持ちはどんな奴か知っとる?

金を持っているヤツじゃなくて、

金を回しているヤツなんやで。」

おそらく社会規模での話だと思いますが、

個人に落とせばとにかくキャッシュフローだということで。笑

マルチチャネルを有効に使い、

資金を回しまくってくださいね!!

それではこのへんで。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする