社畜の理由。

こんばんは!高村友也です。

あっという間に上半期最後の6月になりましたが、

みなさんはいかがお過ごしでしょうか??

今月もまた新しいチャレンジがあるので、

気合い入れていこうと思っているトコロです。

特に最近は、

【何かを得るには何かを捨てて】

これを感じるコトが多いんですね。

先日も学生時代からの旧友が東京に出てくるということで、

食事に誘われました。

一時期は一緒に住んでいることもあったくらい、

仲のいい友人です。

僕も久しぶりに会いたかったのですが、

その誘いは断ることにしました。

その理由は、

今はとにかく自分のビジネスをしたいと思ったからです。

「仕事に追われててさ~」とか、

そんな情けないことじゃなくて、

その時間を自分のビジネスのために使いたいと思ったのです。

僕は個人事業主なので、

仕事をするかしないかは選べます。

誰に雇われているわけでもないし、

必要な収入があば働かなくてもイイ時期もあります。

それでもその日は自分の仕事をすることを選びました。

久しぶりの友人と楽しく杯を重ねることもできましたが、

自分のビジネスにその時間をあてることにしました。

友人との時間を捨てて、自分のビジネスの時間を得たワケです。

そうきくとなんて薄情なヤツだと思われますか?

ちなみに僕はこうも考えています。

「大切な友人が仕事を頑張りたいと言っているのに、

それを応援できないのは果たして真の友人か?」

ですので、

僕を食事に誘ってくれた友人もそこは理解してくれました。

最高に理解のある友人なので、

夏に帰省した時にはおごってあげようと思っています。

どんな投資家でも、

どんなビジネスマンでも、

学生でもフリーターでも、

一日は24時間ですからね。

その時間の使い方を選ぶということは、

何かを得ることと何かを捨てることを選択しているということです。

「やらないことを決める」

これは大切だなと感じた最近です!

会社員の頃の飲み会が、

個人事業主になってから役に立ったことは本当に無いw

僕もかなりの社畜だったので、

上司の誘いを断ったことはほぼ無かったですし、

上司より先に帰ってはならないと無理に飲んだこともありました。

ほんと、帰してくれないから。

副業を始めてからは全部捨てました。

マジで意味なかったですから。

傷のなめ合いも、

変な同調も、

みんな安心したいんすよね。

社畜の人はみんなそうです。

自分で選んでます。

無駄な馴れ合いは捨てて、

自分の未来に直結する時間を選びましょうぜ!

それでは今月もがんばっていきましょうー!

ではでは!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする