資金繰りを操作するヤフオク仕入れ3つのポイント

こんばんは!高村友也です。

どんなビジネスでも資金繰りは大事ですな~

転売ビジネスに取り組んでいる方の中でも、

悩みの種は色々とあると思います。

・商品が仕入れられない

・もっと言えば商品が見つけられない

・資金がもっとあれば、、、

こういったことが挙げられますね。

特に資金繰りに悩む人は多いです。

これは利益がいくら出ていても、

油断できないポイントですね。

利益が出ているのに「黒字倒産」なんてことにならないためにも、

注意しましょう。

この記事を読めば資金繰りが劇的に改善すること間違いないです!

では早速いってみます!

1.仕入れのタイミングを操作できる

これです。

全てがココに集約されると言っても過言ではありませんが、

オークションには必ず終了日があるので、

仕入れをしたい日に終わる商品を狙えばいいのです。

クレジットカードを使って仕入れをするなら、

締め日と一番遠い日に決済をしたいわけです。

つまり楽天カード(末締め27日払い)を使うなら、

1日には決済をしたい。

とすれば31日までには仕入れを終わらせておく。

そして1日は決済するだけ。

こうすることにより、

「最長で資金繰りを回す」ことが可能になります。

60日近い日数の中で現金化すればいいので、

余裕を持って売り上げをたてることができます。

2.取り置きがデフォルト

ヤフオクにおける落札商品の決済期間は一週間です。

その間に支払いを済ませればOKなんです。

当然出品者の方もそれを承知の上で出品しています。

早く取引を進めた方がいいにこしたことはありませんが、

「この度落札させていただきました〇〇と申します。

お支払いは〇日を予定しております。

お取引終了までよろしくお願い致します。」

このように丁寧にご挨拶をしておけばOKです。

そうすることにより仕入れを貯めておけます。

一週間前から仕入れ始めて、

1日には決済をかける。

当月の前半仕入れは先月のうちに終わらせておく。

当月の後半仕入れは前半のうちに終わらせておく。

これにより、

出荷 → 入庫 → 納品 → 販売

この流れが早まれば売り上げがたつのもはやまるということです。

3.発送までのスピード

ヤフオクの仕様変更により、

商品受け取りの連絡をしないと出品者の方に入金が始まりません。

これに伴って出品者のかたの発送のスピードは速まっています。

本来、ヤフオクを販路として利用している方は

入金のスピードに大きくメリットを感じています。

これまでは落札者が入金を済ませたら遅くても1日後には入金される仕組みだったので、

当然それに慣れ切っています。

そして、フリマアプリよりも「ビジネス」として真っ当に使っている人が多い。

この方たちのスピードは変わらず早いのですが、

一般層のスピードが上がっています。

その為、仕様変更により発送までのスピードが全体的に早まっているということです。

資金繰りには現金化するまでの「速さ」も欠かせません。

仕入れする側にとってはありがたいことばかりなのが、

現在のヤフオクです。

1.仕入れのタイミング

2.取り置きがデフォルト

3.発送までのスピード

これら3つのポイントが、

ヤフオク仕入れと資金繰りの相性が良い理由です。

参考になれば!