【Amazon販売における自己発送までの流れ】

こんばんは!高村です。

意外とAmazonにおける自己発送について知らない方もいるので、

この機会にご説明します!

最近は危険物の兼ね合いもあり、

FBAに納品できないこともまれにあります。

その際には自己発送で販売することになります。

商品はAmazon上で販売ができますが、

発送業務を自社で行うという状態ですね。

ま管理費も上がっていますので、

小さなものであれば自己発送の方が利益が大きくなるケースもあったり。

簡単ですので参考になれば!

【Amazon販売における自己発送までの流れ】

1.出荷されていない商品を確認する

自己発送に設定している商品が売れた場合、

セラーセントラルから上記のお知らせがきています。

「出荷されていない商品を確認する」をクリックします。

するとコチラの画面になります。

右端に、

・納品書の印刷

・出荷通知を送信

が確認できます。

2.納品書の印刷

まずは納品書を印刷します。

印刷した納品書は商品に同封し、購入者様にお届けしましょう。

3.出荷通知を送信

納品書を印刷し、

商品に同封の上、梱包を完了させます。

その後「出荷通知を送信」します。

この出荷通知は購入者様へも届きますので、

可能であれば追跡番号を入力することをオススメします。

発送方法を選択し、(ゆうぱっく、ヤマト運輸、佐川急便などから選ぶことができます)

追跡番号を入力したら[出荷通知を送信]ボタンをクリック。

【出荷通知完了】

この画面が出てくればセラーセントラル上での処理は完了です。

売上が計上されます。

その後、集荷にきてもらうなり、

コンビニに持ち込むなどして迅速に発送しましょう。

以上がAmazon販売における自己発送の流れとなります。

参考になれば幸いです!

うまく使い分け、売り上げを伸ばしていきましょう!