【国内転売】暴露します!資金繰りを劇的に改善するための仕入れ方法

こんばんは!新しく立ち上げたドメインが急に跡形もなく消えて、

マジで狐につつまれている高村です!

ブログ、新しくしようと思っていたのに。。。

それでもめげずに転売ビジネスの記事を書いていきますね。

資金繰りを劇的に改善するための仕入れ方法

僕たちが実践しているビジネスは「有在庫」で、まずは仕入れが発生します。

個人の副業から始めていくと、

資金はクレジットカードを有効活用していく人が大半ですよね。

商品を仕入れる⇒販売する⇒売り上げが入る⇒引き落とし分を差し引く⇒手元に残るのが利益

こうなります。

つまり仕入れた商品をしっかり売り切ってこそキャッシュフローが生まれていくのですが、

クレジットカードの締め日から最も遠いところで仕入れを発生させることも大事。

それだけで現金化するまでの時間ができるのと、

手前に現金を持ってくることができるのでキャッシュフローが大きく改善されます。

実はそれは、仕入れの部分で操作ができるんですよね。

段取りをして仕入れることから『段取り仕入れ』と何ともそのままのネーミングにしましたが

決済日までに段取りをして仕入れを作っていくような感じですね。

例えば月の前半の仕入れは、前半カード(末締めのカード)を使います。

毎月1日までに仕入れを確保しておくことで、資金繰りは最長で回すことができますよね。

同じように月の後半の仕入れは後半カード(15日締めのカード)を使いましょう。

引き落とし日までになるべく時間を取ることで、販売戦略も余裕を持って取れることがメリットです。

「仕入れを早めに終わらせる」ことで、毎月の売上をスムーズに創っていきましょう。

段取り仕入れの実例

そうはいっても、イメージが付きづらいかもしれませんので実例を出していきます。

毎月の前半仕入れをフリマアプリから行う場合はこうです。↓↓

まとめて購入させてもらう上にさりげなく「決済は1日」と伝えていて完璧なやり口ですね。

この取引で総額50万円の商品を仕入れることができ、

かつ資金繰りを最長で回すことになっているので余裕を持って販売ができました。

同じようにヤフオクでもそれは可能で、こんな感じです。↓↓

これは全部が後半仕入れですね。全てを16日に決済するように、落札をためていきます。

ヤフオクの場合は最長で1週間の支払い期間があります。

(出品者の方によっては3日以内などの独自ルールを設けている方もいますが)

これにより、

仕入れから販売までが最速で行えるうえに

資金繰りも余裕を持って回していくことが可能になります。

当月の仕入れ分を当月に四苦八苦しながらやっているうちはまだまだです。

参考になれば嬉しいです!

それでは!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする