年商40億を創った思考とフランスパン。

こんばんは!高村友也です。

昨夜は久しぶりにテレビを見ようと思いまして。

録画していたカンブリア宮殿を見ていると、とあるパン職人の方の回でした。

「日本では成功しない」とい言われた『フランスパン専門店』を上陸させ、

今では年商40億。(どひゃー!)

周囲の「どうせうまくいかないよ」という声をひっくり返して、大成功を収めました。

成功の秘訣は、【今までの常識に疑問を投げかけるコト】だそうです。

その言葉にビビっときたので、思いの丈を書いていきますね。

今年の夏にフランスを旅してみて、ある光景に驚きました。

朝になると、焼きたてのパンのいい匂いが風にのってきます。

すると、街の人がぞくぞくとパン屋に並び、次々とフランスパンを買っていくんです。

噴水のある公園のベンチで涼みながらパンを食べる人もちらほら。

ただ、一番人気はサンドウィッチじゃなくて、フランスパンなんですよね。

あの長いやつ。

家に帰ってお子さんの朝食にでもするのかな?なんてことも想像してみましたが、

ビジネスバッグを背負って、
おそらくこれから出社だろうなって人も、歩きながらフランスパンにかじりつく。

まさかあの長くて噛み応えもあるフランスパンを、出社中にかじりつくなんて!

「フランスパンは歩きながら食べられるんだ!おもしろいな~!」

僕の中での『常識』が壊された瞬間でした。
(味も言うことナシ)

その影響を受けてか、

帰国してからベーグルにクリームチーズなんて朝食の日もあります。
(フランスパンは?笑)

「朝は納豆!」

それまでの常識がカタチを変えたので朝食を楽しめております。

思い返せば小さなころ、僕はよく質問をする子供でした。

いや、子供はみんなそうですかね。

そのたびに父は、「そんなもん常識だぞ~覚えとけよう」
そう言って、決して子ども扱いはしませんでした。

「そっかあ。それが常識っていうんだ」
子供ながらに常識の意味を考えたことは覚えているし、

大人になれば分かるコトも多いと、無理やりに自分を納得させたこともあります。

確かに、大人になるにつれて分かっていくことは多いですよね。

自然と身に着く考え方というか、周りと話しても「やっぱそうだよね~」なんて
同意を得ることが【常識】になっていたりします。

常識とは、いわば「平均に合わせていく」ようなことなのかな?そんな風にも考えるようになっていました。

「社会に出たら大変だから大学生のうちに遊んでおけよ~」

という先輩は必ずいたし、

「海外旅行なんて、新婚旅行でいけるのが精いっぱいだろう」

とも考えていたのです。

周りと話す内容もそうなることが多いし、自然と僕もそう思っていました。

今考えると、自分で経験もしたことが無いのに決めつけてしまっていたのかな?

とも感じます。

他にも、

・給料を貰って生活をしていく
・会社には属す
・週5で働いて週2だけ自由

それが自分の当たり前をつくっていき、そんな「常識」を知っていることが
大人としてカッコイイと思う時期もありましたね。

でも、いつからか「常識ってもしかして苦しい?」そんな風にも考えるようになったのです。

会社に属して働いても、なぜか余裕ができない生活。

給料を貰えるのはありがたいことだけど、
もうちょっと欲しいな~みたいな。笑(自分の働きぶりは棚に上げて)

「でも、これが常識か…」そう言って諦めるのが、なんかイヤだなって思ったのです。

「大人になればわかるぞ」って、色んなコトを諦めろってことか?そんな風にも考えてみたりして。

天国の父親に聞いてみたい。

仮にそうだとしても、その時代はそれがベストな選択だったのでしょう。

家族を守るために、食べさせるために、
諦めるんじゃなくて「耐えしのぶ」というカタチで、
お父さん方の常識は創られていったのだと思います。

そのおかげで今がある僕たちは、なおさら「常識を疑う」コトをしないと。

間違いなく個人で稼げる時代になっているのに、「常識」だけカタチを変えないなんてことはないハズですよね。

・海外旅行にもっと行けるはず!
・週2しか自由がないなんて!
・「自分にはこの会社しかない」→そんなことない!

それまでに固まった自分の常識を、大人になって「分かったつもりでいた」常識を、

本当にそうなのかなあ?と考えたところから、

僕の人生は少しずつ面白くなりました。

大学生の時なんてバイト三昧でろくに遊べなかったけど、今の方が何倍も毎日が楽しい。

フラッと旅したフランスで、
出社中にフランスパンにかじりつく光景も観るコトもできた。笑

会社に属さずお給料ももらわずに、家族との時間を大切に生きることもできている。

当時の自分では考えられない【非常識】が、

今の自分にとっての「常識」になっています。

何をもって成功かは人ぞれぞれ違うし、成功者のコトバをうのみにするワケじゃないけど、

【今までの常識に疑問を投げかけるコト】は、本当に大切だなと身を持って感じています。

それがスタートの合図になるから。

常識から離れる、いわば少しだけ他人と違うコトをするので少し不安になる時もあるでしょう。

それまでは大衆と同調して生きてきたので、なおさらです。

でも、恐れすぎなくて大丈夫です。

僕もそうだったし、少しでも勇気を持ってくれればいいなと思い、この記事を書いています。

あの頃の非日常が、今の日常!

【今までの常識に疑問を投げかけるコト】
これこそが新しい常識なんだと思います。

父親が言っていた、「大人になればわかる」の意味もそうだったら嬉しい。

『そんなもん常識だぞ~覚えとけよう』そう言われたのと同じテンションで、

常識に疑問を持って、自分の道を開いていくコトが「今の常識だぜ~」と、伝えたいですね。

新しくネットビジネスを始めて、「本当にうまくいくのかな…?」と不安になる人もいると思います。

まあそれは成長痛みたいなもんで、今までの常識が変化していっている証拠でもあります。

思考が変われば行動が変わる
行動が変われば人生が変わる

みたいなコトバがあるように、

まずは自分の常識を疑うことが、一歩目です!

そうやって自分の価値観をつくって、自分の人生を楽しみたいですね!

それでは今日はこのへんで失礼します。

お付き合い、ありがとうございました!

PS
さすがに「タスクをこなさない」のは非常識なので、そこは常識にそって進めていきたい今夜です。笑

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする