年末商戦で勝つ人の「2つの組み合わせ」とは?

こんばんは!高村友也です。

『出世』のコスパの悪さがバレ始めましたね…

「管理職になりたくない」が6割

管理職って、薄給のわりに大変ですもんね。。。
(僕も会社員時代に経験しました)

・責任が重くなる
・長時間労働
・部下の指導が大変

これだけやっても昇給は微々たるものだから、
個人で稼いだ方がコスパいいですもんね。明らかに。

会社員をやっていて10万円の昇給って現実的では無いですが、
ネットビジネスでは来月にでも狙える数字です。

今の若い人って、本当に冷静だよな~とも思いつつ。

僕もその感性は持っておきたいです!

さて、一足先に個人で稼ぐことを選択し、物販ビジネスを行っている僕たちですが、

一年でもっとも稼ぎやすい時期が近づいてきてきました。

そうです。【年末商戦】です。

ここに向けてすでに、物量を増やしている方も多いでしょう。

準備は万全ですか?

今までで一番、仕入金額を増やしているなんて方も多いと思います。

不安もあるでしょう。

忘れちゃいけないのは、『とにもかくにもキャッシュフロー』が優先だというコト。

お金が回っていけば、生活はできます笑

——————
※キャッシュフローとは

→お金の流れ。現金の出入り。

物販は基本的に仕入れが発生するので、商品を仕入れた時点では赤字。

販売して代金が入金されて初めて黒字になる。

商品を販売しないことにはキャッシュが入ってこず、赤字はどんどん積みあがる。
(キャッシュフローが悪い状態)

利益は出ていてもキャッシュフローが悪いと、手元にお金が残らず、倒産。

要は、仕入れたらすぐに売ろう!ってコト。
——————

で、このキャッシュフローも少し掘り下げるといいです。

参考までに高村の場合は、

⇒薄利だが爆売れの商品
⇒暴利だが販売まで少し時間がかかる商品

これらを組み合わせています。

そうすることで、

→「爆売れの商品で必要な現金を確保」
→「暴利の商品で利益額を確保」

こういった入金の流れができます。

当面の現金は確保しつつ生活できる現金もキッチリ確保していく。

薄利多売で疲弊するわけでもなく、
現金化までに時間がかかり黒字倒産するワケでもありません。

「組み合わせ」が大切です。

逆に、これができないと、物販で独立は難しいです。

ある時の僕は、大きな利益率と利益額を求めて、
中古家電のみに絞ったことがありました。

これって今考えると、とっても恐怖なんです。

確かに売れれば一撃の利益はとても大きく、稼げます。

でも、毎月のキャッシュフローはヒヤヒヤなんですよね。

それこそ中古家電のみを扱っていた時は、

「この在庫があと2週間で売れなければ倒産だ…」

というプレッシャーが尋常じゃなかった。笑

さすがにバクチだったな~と思います。

(逆にそのプレッシャーの中で、目利きを身につけたのもありますが)

組み合わせることが大切なんですよね。

今年に入ってからというもの、何かと『2軸を持つ』という考え方に触れています。

僕の好きな発信者の方が提唱している考え方ですが、

キャッシュフローにもまさに「2軸」を持つことが大切です。

それこそ、
「中古家電 × コスメ」は今の僕のやり方だし、

「Amazon × ヤフオク」なんかは最も安定すると思っています。

仕入れ先で言えば、「業者 × 個人の不用品」これも一番利益が出ますよね。

資金面で言っても
「クレカ × 現金」はもはや必須だろうし、

もっと大きな枠で収入の柱を考えた時に、「物販 × 情報発信」の組み合わせは強いです。

2つの組み合わせってだけで、安心感もだいぶ違います。

出世のコスパの悪さを感じて個人で稼ぐことを決めたなら、2つの組み合わせをつくってまずは安心しましょう!笑

完全に余談ですが、

キングオブコントで優勝したハナコは、
2人でネタを考えているから有利だったのかな~なんてことも思いつつ。

(大体、コンビのどちらかが一人で考えていますよね)

これから大きなチャンスがやってくるので、
踏み込むために物量を増やしている人も多いと思います。

年末商戦はそれほど利益を上げやすい。この時期だけ物販をやる人なんかも多いですよね。

物量を増やし、資金上限まで勝負している人もきっといると思います。

チャンスに踏み込む勇気はそのままに、キャッシュフローも冷静に回していきましょうね。

「2つの組み合わせ」は、キャッシュフローにも応用ができます。

そして今年が終わった時に、大きなボーナスを手にしてください!

気付けは残り3カ月ですが、

2018年もやりきりましょう!

それでは!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする