「なんで、脱サラしたの??」その弐

こんばんは!高村です。

昨日の続きを書いていきますのでよろしければお付き合いください!^^

5年間サラリーマンをやってみて

5年間サラリーマンをやってみて気づいたのは、

「このままサラリーマンのままいたら、ダメだ」ということです。

なりたい自分になれないと感じたのですね。

僕がどのような人生を手に入れたいかに起因しますが、

僕は家族を守れるだけの経済力を手にしたかったのです。

稼げる自分でいたかったのです。

なぜなら経済的理由で大切な人を失った経験があるから。

もうこれ以上、助けれられない自分じゃ嫌だったから。

大切な人をいざという時に守れるように、まずは稼げる自分でいなければなりません。

サラリーマンのままいると、自分の仕事がどのように利益に結び付き、

どこでキャッシュを生み、どう処理されてお給料になるかって見えづらいですよね?

それにいくら大きな金額の商談をまとめたとしても、幾らお給料に反映されますか?

まずそれを把握できない自分が嫌でした。そんなことも知らないのかと。

そしてこのまま毎月お給料が入ってくる仕組みの中にいたら、

甘えて知ろうとしないと思いました。

いつか知ろう、いつか勉強しようのいつかが一向に来ないです。

知らなくても生活ができてしまうので。

まずはそれを変えたかった。

会社からのお給料に縛られるのではなく、

稼げる自分になって人生をちゃんと自分でコントロールしたい。

そのためには自分でやってみる、自分が経営者になるのが手っ取り早いと感じました。

インターネットビジネスを知る

それに加え、インターネットビジネスの存在を知ることができたのも大きかった。

「サラリーマン 副業 稼げる」「副業 オススメ」などで検索していくと、

多くの情報にぶつかります。

その中でも小玉歩さんの存在を知れたことは本当に幸運でした。

小玉歩さんはサラリーマン時代に副業で1億円を稼ぎ、それが会社にばれてクビになります。

会社のお給料に依存せず、個人が稼げる時代だということを今なお、

証明し続けてくれています。かっこよすぎです。

(副業で1億円稼ぐって、意味ワカリマセン)

とにかくインターネットビジネスを知ってしまった僕は、

もう止まることはできませんでした。

会社にも少しずつ不信感を抱き始めていた時期だというのも重なりましたね。

企業とは利潤を追求する組織なはずなのに、

みんなが「今」に満足している光景は異様でした。

役員会議では当然利益を上げるための方向性や具体策を話し合うのですが、

何も建設的な話し合いはできず、

尊敬できない上司に対して感じることもありません。

部下に向かって「みんなで昇給しよう!」と声を掛けていたのは一体誰だ?

(そもそも物理的にみんなで昇給というのは不可能ですが)

現状維持は退化ですから、

じり貧になって終わる光景が想像でき、

「ああ、もう誰かに雇われるのは無理だな」と、

僕の副業熱を加速させることになります。

正直なところ、

この会社に属していたおかげでサラリーマンという生き方をすることができ、

同時に嫌気が差したというところでしょうか。

そういう意味では感謝してもイイかもしれません。

退職間際には謎の理由でお給料が10万円減らされるという出来事もありましたが、

今ではイイ思い出です。(奥さんには言えませんでしたね。。)

そんな時に、前述の小玉歩さん経由で「三浦孝偉」さんを知ることになります。

だれもがし知る一流企業の出世街道を爆走中に突然の解雇。。

それでも立ち上がりインターネットビジネスに参入し開始5か月で月収400万達成。。

今では指導者としても業界に君臨している。。

このような方なのですが、

その三浦さんの人生のコンセプトが「Re start」。

人生、何度でもやりなおせる らしいです。

これにすっごく共感しました。

ブログもメルマガも面白くて、のめり込んで読みたくなる文章です。

そういう情報にふれて、

実際に「自分のチカラで人生をコントロールしている人は沢山いるんだ!」と知れたことが、

きっかけとしても大きいです。

自分の人生、自分で選べてますか??

全てが偶然に重なったかのように景色が移り変わり、今しかないと感じました。

要は、会社に不満があるならイヤイヤその場所にいる必要は無いのです。

今までそれができなかったのは、生活ができなくなってしまうと思っていたから。

視野が狭かったですね~

でも、そんな我慢はしなくてイイ。自分で稼げばイイじゃん。と、

先人たちを見て気づけたことが、最終的には決め手になりました。

脱サラして良かったと、心から言えます。

自分の人生なので、自分で決めないと。

会社に休みを決められるのだって、ほんとはおかしくないですか??

あまり無責任なことは言えませんが僕は、

「やりたくないことをやって我慢の毎日を過ごすくらいなら、

挑戦して自分の人生を選んでいきましょう!」派です^^

明日も挑戦です!

それでは!