「次のモチベーションが必要だ」

こんにちは!高村友也です。

サラリーマンを辞めて、

自分でビジネスをするようになって、

時間とお金の余裕が持てたという感覚があります。

事実、持てました。

家族とはいつも一緒にいることができるし、親に仕送りもできます。

働く時間は選べるし、

行きたい場所にもいつでも行けるし、

付き合う人も選ぶことができます。

それでも不思議なもので、一定期間その状態を味わうと、

次のモチベーションが必要になるもんです。

これまでは凄く不思議でした。そういう世界が。

例えばソフトバンクの孫さんや楽天の三木谷さんくらいになれば、

もう何もしなくてもお金に困ることって無いと思うのです。

それでも毎日挑戦していますよね?

僕にとってはそれが信じられなくて。

サッカーの元スペイン代表シャビアロンソがレアルマドリードに所属し、

チャンピンズリーグを制覇して世界一になった時も同じです。

(意外とサッカーが好き)

「次のモチベーションが必要だ」といってバイエルンミュンヘンに移籍を志願したのです。

世界一のチームを自ら捨てたのですね。

本当にその感覚が分らなかった。

が、

今なら少しだけ分かる気もします。

人生に必要なのは「チャレンジ」だということが、少し分かる気がするのです。

いくつになっても、できなかったことができるようになるのは楽しい。

事実、チャレンジをしたから人生が変わってきた。

選べるようになってきた。

「できなさそうなことをやってきたから、

できることが増えて、人生レベルで変化をもたらしている。」

週末は勉強会だったので、

ビジネス脳をたくさん刺激してきたわけですが、そんなことを感じたのです。

限られた時間でいかに生み出すか。

まだまだ無駄な時間がありませんか?と気づかされました。

1を見つけたらそれをしゃぶり尽くさないと。

それが今すぐにできる一番の効率化です。

時間は有限だということをもっと自覚して、

毎日を生きなきゃなりませんね。

だからチャレンジをしないと、本当にもったいない!

多分、成功者ほどそれを分かっているのだと思います。

確かに僕も稼げていないころは、

・今は無理だ

・経済的な余裕ができてから

・いつかやろう

こんな思考でした。成功するわけないですね。汗

できない理由をいくら並べても、何も変わらないです。

そんなことばっかり言って投資ができない、

チャレンジができない自分だったら今頃どうなっていたことやら。

僕は貧乏のまま、

毎日ストレスを抱えて過ごし続けるのだけはゴメンだなって気付けて本当に良かった。

「次のモチベーションが必要だ」なんてカッコイイことは言えませんが、

チャレンジを続けて自分の人生を真に自分のものにしたいですね!

変えようとしなきゃ何も変わらないと、肝に銘じます。

それでは!