少しだけ見えた、稼ぎ続けることへの答え。

こんばんは!高村友也です。

3月の1日からヤフオクが仕様変更がありますね。

決済方法がかんたん決済に限定され、

受け取り評価をしないと出品者に入金されないシステムになります。

(メルカリやフリルと一緒。)

元々僕は、ヤフオクを仕入れ先として使うことが多かったのですが、

この変更は購入する側にとってはありがたいですよね。

商品が到着しないと入金がされないので、

必然的に出品者も発送までの期間を短くする。

また、ヤフオクでありがちなトラブルも大幅に減るでしょう。

これまでも商品を送ってこない出品者の方がいたり、

全く違うボロボロの商品が送られてくるなんてこともザラにありましたw

ヤフオクはそういった事態に対応してくれませんからね。

「当事者間でやってくれー」くらいの感じですから。

この仕様変更で、

—————————–

■詐欺出品者が淘汰され、商品の質が上がる

—————————–

これは間違いないと思います。ヤフオクとしてもうれしいですよね。

となると、まだまだヤフオク仕入れは可能だなと思っています。

Youtubeでも規約変更がありました。

パートナープログラムへの参加要件が増えた感じです。

なんでも日本の樹海で遺体映像を投稿したユーチューバーの影響があるとかないとか。

要は、「やんちゃする人がいるので法律を厳しくします」ってことです。

ちなみに昨年のAmazonアカウントの一斉取り締まりは覚えてらっしゃいますか?

あれも原因は大規模な詐欺が中華系ハッカーによって行われたからですよね。

悪い人はルールを作らせるんです。

(逆にいえば、ちゃんとやっている人だけが残れるようになっている。なっていく。)

僕が転売を始めたころはメルカリでの無在庫販売が流行っていました。

Amazonで売っている商品に利幅をのせてメルカリで売っていくみたいな手法ですね。

一瞬稼げたかもしれないけれど、メルカリの規約変更によってその手法で稼いでいた人たちは

消えていきました。  今、何してるのかな?

Amazonで無在庫販売をしている人もだいぶ減りましたよね。

そもそも違反ですから。

一時的には稼げたとしても、「稼ぎ続けられるか?」って話だと思うのです。

稼ぎ続けられないと意味がない。だって、人生は続いていきますからね。

今年に入って学ばせて頂いている環境には、稼ぎ続けている人達しかいないのですが、

共通して言うことがあります。

それが「共生を考える」ということ。

プラットフォームを使ってビジネスをする以上は、

プラットフォームとの共生を考えなければいけません。

当たりまえなのですが、ネットビジネス界では意外と考えていない人が多い。

「Amazonがうるさくてさー」くらいのもん。

そういった人はすぐにいなくなりますし、大体稼げていない印象です。

(僕も稼げていない頃はそうでした)

稼ぎ続けている人は共通して「共生」を強く意識しているのです。

もちろん僕も改めて強く共生を意識しています。

Amazonを主な販路とした転売ビジネスをしていて、

毎月最低でも100万円は稼げるようになりました。

始めて月収100万円を達成してから、100万円を下回ったことはないです。

少しは稼ぎ続けられるスキルを身に付けたと思っているのですが、

プラットフォームを使ってビジネスをするということは、

プラットフォームを背負う営業マンのようなものなので

自分の都合じゃダメなんです。

今回のヤフオクの仕様変更や Youtubeの規約変更を受けて、


「共生」することが「稼ぎ続けること」


これを再認識できました。

まだまだAmazonとは仲良くやっていきますよーw

誠実にビジネスしていきましょう!

それでは!

ps.

明日は待ちに待った勉強会です。

しっかり学んで実績出すぞ!おし!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする