自由を得るために、不自由になってみる。

こんばんは!高村です。

成人式も終わると一気に「日常」がやってきますね。

昨晩で長期の連休も終わり、

少しばかりブルーな気持ちだった方は多いのではないでしょうか。

僕も、お正月気分は卒業して、また毎日走っていくぞ!という意気込みです。

(自分に言い聞かせている)

突然ですが

ネットビジネスを始めた理由に「自由になりたい」という想いは絶対にあると思うんです。

形はそれぞれですが、要約すると「お金」と「時間」の自由を手に入れたくて始める人が大半ではないでしょうか。

自分の人生なのに会社に休みを決められることがどうしても納得できなかったり、

美味しいレストランでごはんを食べたいけれど

財布の中身を気にしてカップラーメンを選んだり、

僕はそこから抜け出したくてネットビジネスを始めました。

それは選択できる「自由」が欲しかったとも言えると思うのです。

今日も三浦孝偉氏のBEC On-line School、通称【BOS】のコンテンツに触れたのですが、

ドンピシャなフレーズがあったので紹介させて頂きます。

『その「自由」を得る為に、ある程度自ら負荷をかけて
「不自由」になるべき時期はあると思います。』

「うわ、ドンピシャだ」と思わず口にしました。

少し先の目標とする自分になるためには「もがく時期」って

絶対にあると思っていて、

それは少し先の自由を手に入れるために自ら選んでいるってことです。

自由になりたくて副業からはじめてみたけど

休日も忙しくなって「なんだこりゃ?」って感じます。

嫌になるんです笑

特に結果が出ていないと。

その不自由は少し先の自由を手に入れるためだとしっかり認識して、

その時期をいかに短くできるかが勝負かな~と感じました。

僕も、今はキャッシュポイントを増やそうとしているので、

正直いえば苦しい時期です。

それでもあえて不自由を抱きしめにいっているのは自分だし、

のちの自由のためだと再度マインドセットして日々を過ごそうと思えました。

不自由の時期を突破するためのより具体的な方法も三浦さんは語ってくれています。

シンプルに「時間を決める」です。

30分リサーチ→ 30分思考系コンテンツ → 30分動画をつくる → 30分でブログを書く

こんな感じで。

これはかなり有効だなと思えました。

時間が来たらなかば強制的に終わらせるってことですね。

なので僕も

早速、タイマーをつかってこのブログを書いています。

時間を決めることで追い込まれます。

終電があるから家に帰ろうとするし、

セールが終わるからデパートに駆け込みます。

もっと言えば死を意識するから強烈に生きたくなります。

そしてまさに今、タスクも増えて時間を区切っていかないと終わらない状態にあります。笑

時間を決める。ケツを決める。

2018年になってもう8日が過ぎました。192時間も経過しているのです。

容赦ないです。

自由になるために不自由をあえて抱きしめて、

有限である時間を有意義に使いきるために「時間を決めて」、

毎日を積み重ねるぞ!と決めました。

日々、学びです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする