僕が思う「外注化のススメ」のリアル。

こんばんは!高村です。

今日は、

「外注化のススメ」ということで記事を書いていこうと思います。

しかし、嘘は書きたくないので正直にお伝えしますが、僕は全く外注化をしていません。汗

外注化をして自分の手を空けていきましょう!

という理論が一般的で、楽に稼ぎたくてビジネスを始めるワケですから

「そりゃそうだ」とは思ってはいるのですが。。。

外注化を全くしなくても国内転売ビジネスで毎月100万円以上を稼いでいるので、

正直なところ必要性を感じていません。

こう言うとバカにされることもあります。

「納品も自分でやって大変ですね〜」と、残念な目で見られることも多々あります。笑

「手が空かなくて大変そう」と思われているのでしょう。

実際はそういう人より僕の方が働いてませんけどね。。。

自慢じゃないですが仕入れの簡略化が究極的に進んでいるので、時間がたくさんあるんです。

(今までの眠い目をこすってリサーチは全てこの時の為にあった!)

「外注化していきましょう!」と声を大にして言っている発信者の中で完全に手放しで

やれている人は、おそらく1割もいないと思います。

そういう風に「楽に稼いでいる」風に見せているだけ、って場合が結構あります。

残念ながら。

実際は忙しくしてますよ。セミナーに飛び回ってスクールなりコンサルを必死に売り込んでバタバタしてます。

【納品代行を使えば充分】

話はそれましたが、それでも副業で国内転売ビジネスに取り組むのであれば、

なるべく手間をかけずに稼げるようになることは必須だと思うので、僕なりの考えを

書いていきますね。

イキナリの結論で大変恐縮ですが、

「納品代行を使えば充分」

これが現時点での僕の感想です。

外注化とは「安く人を使う」ことですが、

急に辞められるリスクもあります。

募集→教育→コミュニケーション

の時間を割いたにも関わらず動いてくれなかったり、やめてしまうリスクは

常につきまとうワケです。

なによりも僕は「安く人を使う」ってことにどうしても抵抗があります。。

自由を手にしましょう!と発信してネットビジネスをやっている人が、

低賃金で人を使っている構図がどうしても納得できません。

(自分が自由になろうと思ったら外注される側には絶対にまわらないと分かって

やってますから。自由になれない人を生み出しているのでは?と、

どうしても思ってしまうのです。。)

結局、誰かの自由を奪ってる?? みたいな。

納品代行であれば企業として運営されているので、コストは多少上がりますが急にいなく

なったりはしません。今すぐに外注化が完了します。

・仕入れた商品の受け取り

・検品

・梱包

・Amazonへの出品

・商品ごとの価格改定

これらを全て納品代行というプロが、請け負ってくれるので

副業で10万円〜20万円を稼げればいいのであれば、「納品代行を使うだけで充分」

というのが僕の結論です。

国内転売ビジネスで大きく利益を出すには物量を増やす必要がありますので、

そうなると金銭的なリスクも時間的制約もどうしても発生します。

在庫を先に仕入れる国内転売は、借金ビジネスですからね。

(モノを動かすだけなので成果が出るのは最も早いとは思います)

なので金銭的リスクを膨らまさず、副業の状態であれば利益は10万円〜20万円に

「あえて留めて」おくことをオススメします。

それなら納品代行を使うだけで充分です。

その状態で、違うビジネスを始めましょう。

本当にパソコンが1台あればできるビジネスを。

結果を出すには「国内転売」が最速最短なことは間違いありません。

そして、成果を出すにはノウハウではなくほぼ「マインド」です。

国内転売から始めて、ビジネスで成果を上げる「マインド」を養ってから、

違うビジネスに着手する流れが一番いいのかなと思います。

繰り返しになりますが、

「外注化する!」なんて矛盾はやめて、納品代行を使えば充分です。

利益が10万円以上出せるようになれば、使い始めていいですね!

これが現時点での「外注化」に関する僕の考え方です。

難しく考えず、自分がどうしたいのか?

自分は何を手に入れたいのか?を考えていく中で、

参考になれば幸いです^^

また明日よろしくお願いします!!