三浦孝偉氏のBEC On-line School「飲みながらやりなよ」

こんばんは!高村です。

誰でもそうかもしれませんが、楽な方に流れたいもう一人の自分って必ずいますよね。

個人事業主という立場上、会社に縛られているわけでは無いので

極論を言えば、別に働かなくたっていいのです。

生きていければ。

やったらやっただけ稼ぎがあるし、やらなかったら無いだけ。

だからといって毎日が遮二無二忙しいわけでもないですが、とにかくシンプルです。

それでも「もっと成長したい」自分がいることも確かなわけで。

「継続する」ことってマストなわけです。

今日も三浦孝偉氏のBEC On-line Schoolのコンテンツに触れました。

「飲みながらやりなよ」という音声コンテンツ。

またもドンピシャなフレーズがあったので紹介させてください。

————————————–

「習慣化」が「継続」につながり、

「継続」なくして新しいスキルは得られないということ。

————————————–

ドンピシャです。

継続無くして成長は無いと感じていながらも、腰が重いこともよくあるわけです。

その時にこういった「継続するための術」を知っているのといないのとでは大違いですよね。

「よし!やるぞ!」と思ってスイッチを入れることも必要だと思います。

超集中してやり込むときは僕もあります。

大きな仕入れができそうなときや、売り上げをたてたいとき、

新たな学びをいれようとするときなどは特に。

寝る間も惜しんでやり込みます。

それでも集中力って限界がありますよね。

プロ野球選手がエラーをしてしまうように、どうしたって集中力は切れるんです。

個人でビジネスをやっていくうえでは、常に学び進んでいかないといけません。

その為にはずーーっと集中しているのが不可能だという前提で、

「継続」を考えなければいけません。

そんな時に、飲みながらやるのはアリかなと気づけました。

お酒の力を借りて少しだけ本音が伝えられるように、肩ひじ張らずに

「作業を始めるハードルを少し下げて」とりくむことで継続できるかなと感じます。

新年早々に飲みすぎて気づいたら成田空港にいたので、苦笑

呑みすぎ注意ですが肩の力を抜いて取り組んでいきます!

習慣から継続が日常になればこっちのもんですから。

成果を出されている人はみんな「継続するための術」を

知っているなーという印象です。

僕もまだまだがんばります。

それではまた明日!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする