捨てる人、捨てられない人。

こんばんは!高村です。

今朝は久しぶりにある先輩からメッセージが届きました。

部活でかなりお世話になったな…

—————

久しぶり!

すごい毎日キラキラしてるな。
いつも感心している。

俺自身も
縛りから抜け出せないのは結局、

自信と勇気が無いだけなんだ。

でも、リスクヘッジが不可欠なのも確か。
いつか広い世界を見れるように準備していくよ。

がんばろー!!

—————

どこかで僕の発信に触れてくれたようで、
突然のことに驚きつつも、

頂いたメッセージに心が温まりました。

というか、

味方でいてくれる人もちゃんといるな~と本当に嬉しくて。

「変わったよな、そんなんじゃなかった」
「誰かに騙されてる?」

そんな心無い言葉をわざわざ送ってくるヒマな人もたまにいて、

こちらも負の感情が生まれることもありますが。苦笑

自分が進むことで誰かの役に立つなら、
そういう人にだけ届けばいいと本気で思います。

情報発信てスゴイ。

先輩、ありがとうございます。

『自信と勇気が無いだけなんだ』

と言った先輩の言葉になんだか胸を打たれました。

本当に自分もそうだったから…

これは少しわかりにくいかもしれませんが、
体育会系の社会で生きてきた僕たちにとって

後輩に『自信と勇気が無い』なんてことを言ったらなめられるだけなんですよね。

「あの先輩、あんなこと言ってたぜ」
「マジ?ださくねー」

そんな風に一瞬にして威厳を失うことに。
そしてそういうハナシを好きな人種も一定数います。

社会に出てからもそうですが、
常に

・弱みにつけこんでやろう
・何とかして蹴落としてやろう

そういう人だっているじゃないですか。

大ヒットドラマの半沢直樹を観てもそうだし、

実際の人間社会ほど醜いものってないんじゃないかくらいに思う時もあります。

とにかく、

そういう自己分析ができているならあとは踏み出すだけだし、

自分が発信者の人に背中を押されたように
そういう存在になれたらいいなと思います。

何かを打ち明けるコト事体、

色んな意味で勇気がいりますから。

「変なプライドは捨てましょう」

なんて言葉はよく聞きますが、
そうカンタンなもんじゃない。

でもそれができれば割とラクになるし、
意外と進んでいきます。

初めてネットビジネスのスクールに入ったのは
自分よりもいくつも年齢が下の人のところでした。

それまでゴリゴリの体育会系で生きてきた僕にとっては、
なかなかの決断だったんですよ。

プライドを捨てた瞬間かもしれません。

高校の時の部活なんかは特にゴリゴリで、

→3年生は王様
→2年生が執事
→1年生が奴隷

こういう図式でした。
ちなみに監督は王様より偉い。

試合中に公衆の面前で監督に殴られるなどは当たり前で、
絶対的だから逆らうなという感じです。

殴られた後はアゴがミシミシして、
そのままディフェンスに戻るなんてことも。

(バスケ部です)

今、ニュースにもなっている体操のパワハラもひどいですが、

時代もあったせいか毎日あれくらいは普通だったよな~と。

そのくらい「年上が偉い」という世界にいたんですね。

だから何十年ぶりに全国大会には出たけれども、
今となっては全然仲良くなかったりもします。

ハナシを戻して、

スクールに入った時に、
主宰の方のコンサルも受けることにします。

そこで100万円に近い金額を投資しているワケですね。

仕入れはカードで行うスタイルで、
当時の僕は諸事情により造ることができませんでした。

ですが陰では、

「クレジットカード作れない大人とか終わってるw」

なんてことを言われながら活動していたので、
まあ信じる人を間違えたかなとは少しだけ感じました。

それでもそこからノウハウを学び、
副業で30万円まで稼げるようにはなったワケです。

以前の自分なら途中で怒りでどうにかなっていそうですが、

それこそ変なプライドを捨てた瞬間かなと思います。

悔しかったしw

年齢が本当に関係ない世界で生きているので、

「捨てるところ」から始まったな~なんて風にも感じましたね。

逆に、

「時間が無いから」
「本業が忙しいから」

今を変えたいのに今を捨てられない人はやっぱり変わっていけない。

今朝、メッセージをくれた先輩は
捨てる勇気のある人だからきっと大丈夫。

何かを得るには何かを捨ててというのは真理ですね。

最後は物販ビジネスの師匠に教わったハナシでしめたいと思います。

==============

4つのガスコンロのハナシ

『1つ目のコンロは自分と家族。

2つ目は友人。3つ目は健康。4つ目は仕事。

成功するためにはそのうちの一つの火を消さなくてはいけない。

そしてもっと成功するには、思い切って2つ消すことが必要』

家族、友人、健康、仕事。

それらの利害が衝突した時、
『自分はどの問題を引き受けるのか?』と問わなくてはいけない。

==============

思えばネットビジネスで稼ごうと決めた時に

2つめ、3つめ、4つめは完全に消していたなと。

友人と遊びに行くくらいなら副業に時間を割くし、

健康なんてどうでもいいくらいに睡眠を削って。

会社員の仕事は最低限にやってなるべく早く帰る。

ムダな飲み会も出ないし
必要無い残業はしない。

なんなら給料が減ってもいいから休ませてくれと言って休んだこともありました。

その結果、

いつでも友人と遊びに行けるようになり

好きな時間に寝て好きな時間に起きれるし、

雇われたり会社に依存するということの無い自分のビジネスを持つことができました。

あの時に欲しかった理想の生活を、

今は手にしています。

捨てるから、得るものがある。

何をするか誰と会うかも大事だし、
同時に

・何をしないか
・誰と会わないか

これも大切だなと。

そんなことを考えた一日です。

時間の使い方が結局は命の使い方ですからね。

そう考えている人と、

何も考えず毎日を過ごす人とでは差がついて当たり前だよな~

なんてことも思いつつ、

今夜もがんばりましょう!

それでは!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする